顎の整形についてのお役立ち情報をお届けしています。
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる

《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる



《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れるブログ:2017/08/03


一昨日、言うことを聞かなくて
約束を守らなかった男の子を怒ったんです。

あたしはそれまで
一度も怒ったことがなかったんですね。

まだまだ小さな息子ですし、
できるだけ自由でいて欲しかったので、
ワガママを言おうが、人の話を聞いてなかろうが…

それを責めず、怒らず、許して、
男の子のやりたいようにさせていたんです。

ところが、今回は、
言うことを聞かなくて約束を守らなかったことを、
あえて怒ったんです。

あたしは怒ってあげることが
やさしさだと思ったのです。

もしここであたしが怒らなければ、
男の子は将来もっと怒られてもっと痛い目に遭う。
だから、今怒った方がいい…
そう思ったんです。

実際に怒って、
男の子がすごく怖がって
自分の世界に引きこもっているのを見ていると、
すごく嫌な気分になりました。

おそらく、
あたし以上に男の子は嫌な気分になって、
怖れと痛みで一杯だったでしょう。

それもわかっていた上でやったのですが、
自分がやったことに自信が持てなかった…

やっぱりあたしってやさしくないのかなぁと思いました。
ただを無駄に怖がらせて
無駄男の子に傷つけてしまっただけではないかと
不安と迷いで一杯になりました。

少し落ち着いてからこの出来事を振り返ってみると、
「怒る」という表現方法は
ベストではなかったかもしれないけれど、
すごくヘタクソなやり方だけど、
あの時怒ったことは、あたしのやさしさだと思います。

考えてみれば…
今まで見えなかったり気づかなかったりしたけど、

両親や先生や学校の先輩や会社の上司などは、
そんなに嫌な気分になってまで、
嫌われ役や憎まれ役を買ってまで、
それだけ大きなやさしさをあたしに与えてくれてたんですよね。
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる

《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる

★メニュー

《美容情報》不妊の治療は働きながら可能
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要
《美容情報》シミレーザーなら皮膚の若返りを実現する
《美容情報》輪郭に対してのフェイスリフトでアンチエンジング
《美容情報》おすすめの大阪の美容外科で安心安全の脂肪吸引
《美容情報》今男性に人気のひげの脱毛なら美容クリニック
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる
《美容情報》コンプレックス解消のためにワキガの治療
《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素敵な身体を目指しま専科★美容整形対策情報