下肢静脈瘤に関するお役立ち情報をご紹介しています。
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要



《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:2014/02/03


娘のころ、母から
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
シェイプアップにもつながっていくそうなんですよね。

噛むこととシェイプアップをつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食べる事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「腹いっぱい」という信号を発します。

すると、「腹いっぱい」という信号が脳に伝わり、
ぼくたちの体は満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食べる事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこか腹が物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食べる事をすれば、
少ない量でも腹が満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食べる事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物をクチに運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

★メニュー

《美容情報》不妊の治療は働きながら可能
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要
《美容情報》シミレーザーなら皮膚の若返りを実現する
《美容情報》輪郭に対してのフェイスリフトでアンチエンジング
《美容情報》おすすめの大阪の美容外科で安心安全の脂肪吸引
《美容情報》今男性に人気のひげの脱毛なら美容クリニック
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる
《美容情報》コンプレックス解消のためにワキガの治療
《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素敵な身体を目指しま専科★美容整形対策情報