下肢静脈瘤に関するお役立ち情報をご紹介しています。
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要



《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:2017/07/26


みなさまは、
ダイエットの天敵といえば、何をイメージしますか?

お酒ですか?油っこいものですか?スナック菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「お酒はダイエットのタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、お酒を飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
お酒自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、お酒を飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
お酒のあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、お酒のシメには、
とんこつラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、お酒の影響です。
満腹なのに、腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、お酒を飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
お酒を飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

お酒を飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
ダイエット中の飲酒も特に問題はないと思います。

お酒よりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

★メニュー

《美容情報》不妊の治療は働きながら可能
《美容情報》下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要
《美容情報》シミレーザーなら皮膚の若返りを実現する
《美容情報》輪郭に対してのフェイスリフトでアンチエンジング
《美容情報》おすすめの大阪の美容外科で安心安全の脂肪吸引
《美容情報》今男性に人気のひげの脱毛なら美容クリニック
《美容情報》顎の整形術で理想的な形を作れる
《美容情報》コンプレックス解消のためにワキガの治療
《美容情報》目頭切開法の確実性は高い!オススメの二重手術
《美容情報》歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素敵な身体を目指しま専科★美容整形対策情報